トップ

脂肪燃焼について

そもそも脂肪とはなにか

脂肪によって燃えにくさが変わる?

ダイエット中の女性にとって天敵ともいえる脂肪、もっと脂肪のことを知って、上手に痩せましょう!

■脂肪には種類があった?!
実は、脂肪には、4種類あると知っていますか?皮下脂肪などで有名な中性脂肪、脂肪酸、さらには、メタボなどで知られるようになったコレステロールやリン脂質があります。
脂肪というと、ついつい体にとって悪いイメージを持ちがちですよね。しかし、実のところ、脂肪は人間が生きていくうえで、とても大切な役割を担っているのです。

たとえば、コレステロールは、肥満に悪いという印象がありますよね。ですが、それは、数値が過剰になっている場合のことを言います。確かに、血中濃度が高くなってしまうと、血液の流れが悪くなったり、血管の働きが悪くなる動脈硬化などの原因となり得ます。

しかし、通常、コレステロールは、体内部の細胞膜を作ったり、性ホルモンを生成したりという重要な働きをしています。

■燃えやすい脂肪と燃えにくい脂肪とは?
さらに、中性脂肪も、増えすぎると厄介なことになります。もともと、人間の体内には脂肪細胞が存在しているのですが、その中にあるのが中性脂肪と呼ばれています。

よく、皮下脂肪という言葉を聞いたことはありませんか?これは、皮膚のすぐ下部につく脂肪をいいます。女性らしいふくよかで柔らか味のある体型を作り出しているのが、この中性脂肪です。

さらに、中性脂肪が内臓付近に集まると、内臓脂肪と呼ばれます。食事からとる栄養分が過剰だった場合には、内臓付近にたまりやすくなります。メタボで悩む人の多くが、ウエストがかなり太いのですが、この内臓脂肪が原因となっています。内臓脂肪は、体内でたまりやすい反面、食事制限などで、エネルギーが不足してくると優先的に燃焼されて活動エネルギーに変換されていきます。

逆に、二の腕や太ももについた脂肪細胞は、エクササイズでもなかなか燃えにくい脂肪だと言えます。そういう場合でも、吸引除去などができるので、最近では美容整形ダイエットにも活用されています。そういう場合にはベイザーで脂肪吸引がおすすめです。脂肪吸引なら燃えにくい脂肪でも簡単に落とすことができます。

© Copyright そもそも脂肪とはなにか. All rights reserved.