トップ / 脂肪燃焼しやすい部位の法則とは

脂肪燃焼について

脂肪燃焼しやすい部位の法則とは

ウエストやヒップ部分などは落ちにくい

二の腕やヒップ、女性の体には、いたるところに脂肪がつきますよね。では、体についた脂肪にも、燃焼しやすい部位と燃焼しにくい部位があるのでしょうか。

■脂肪が燃焼しやすい部位には法則があった
ダイエット中に運動をすると、体のエネルギーが消費されていきますよね。一番初めに消費エネルギーにあてられるのが、筋肉の中に存在しているエネルギー源です。更に、腹部近くの内臓脂肪が使われ、最後に皮下脂肪が利用されていきます。

そして、太い血管が通っている内臓や太ももなど体深部にはそれらを守るために脂肪がたくさんつきやすくなります。
そのため、体の中でも痩せやすい場所というのは、中心部から遠い所です。

だから、あごや頬というような、顔についた脂肪は比較的燃焼しやすく痩せやすい場所だと言えます。

脂肪が燃焼しやすい部位があるということは、逆に脂肪が燃焼しにくい部位があるということです。それは、ダイエットの大敵、ウエストやヒップなど、皆がダイエットで行き詰ってしまう部位になります。

女性ホルモンが皮下脂肪を蓄えやすい性質を持っており、脂肪細胞の多いウエストやヒップ部分などに脂肪がたまってしまうんですよね。

■脂肪が燃焼しにくい部位を細くするには?
運動をたくさんしても、脂肪が燃焼されるのが一番最後となるウエストやヒップ部分、これらの部位を細くするには、どのようにすればよいのでしょうか?

確かに、根気強く運動や部分エクササイズをすることも効果があるといえます。また、食事制限をして摂取カロリーを制限する方法もありますが、健康に影響が出ることもありますよね。

そのため、集中的にこれらの部位を痩せたいのならば、エステやベイザーなどに通って専門の施術を受けるのが一番効果的だと言えますよ。

© Copyright そもそも脂肪とはなにか. All rights reserved.